新着情報

神経・整復学講座 小野武年特任教授が2013年度食創会「第18回安藤百福賞」大賞を受賞

2013年12月27日

医学薬学研究部(医学)神経・整復学講座の小野武年特任教授が、公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団が主宰する「食創会」の2013年度食創会「第18回安藤百福賞」大賞を受賞しました。


詳細はこちら

富山大学双六山岳会 双六診療所 人命救助で表彰

2013年11月14日

富山大学双六山岳会は、本学医師、OB、関連病院医療従事者、学生などで編成した診療班により夏期期間に双六診療所(岐阜県高山市上宝町双六小屋敷地内)においてボランティア診療を行っている。今回その診療班が、確定診断が困難な状況下での適切な初期治療が人命救助を行ったとして、長野県県警から感謝状を授与された。


詳細はこちら

免疫学講座の村口篤教授、岸裕幸准教授らの画期的な研究成果が「ネイチャーメディスン」に掲載。テーラーメイド免疫治療に拍車。

2013年10月14日

医学薬学研究部(医学)免疫学講座の村口篤教授・岸裕幸准教授らの研究グループが、ヒトの血液中からウイルスやがん抗原特異的リンパ球を検出し、10日間で高品質のT細胞受容体(TCR)遺伝子を取得するシステム(hTEC10)を世界に先駆けて開発した。研究成果は米国科学誌「Nature Medicine」に掲載され、研究成果が数社のテレビニュースで報道され、「読売新聞」、「中日新聞」、「北日本新聞」、「富山新聞」に掲載された。

免疫バイオ・創薬探索研究講座 長井良憲客員准教授が科学技術振興機構さきがけに採択

2013年10月1日

免疫バイオ・創薬探索研究講座 長井良憲客員准教授(独)科学技術振興機構さきがけ「生体における動的恒常性維持・変容機構の解明と制御」に採択されました。

老年看護学講座竹内登美子教授が認知症の語りデータベース公開

2013年9月15日

医学薬学研究部(医学)老年看護学講座の竹内登美子教授が認知症本人と介護家族の語りデータベースを作成し、「健康と病の語りディペックス・ジャパン」が運営するWebサイトに公開した。


朝日新聞の記事

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
ページ上部へ移動する