新着情報

富山大学の医学教育が国際基準に適合と認定

2018年4月9日

toyamadaigaku_ninteisyou.png


認定証(日本語)の拡大版はこちら


認定証(英語)の拡大版はこちら


富山大学医学部(医学部長 北島勲)は、日本医学教育評価機構(JACME)による医学教育分野別認証評価を受け、国際基準に適合していると認定されました。(認定期間:2017年4月1日~2023年3月31日)


分野別認証評価は、2010年に米国の外国人医師卒後教育委員会(ECFMG)が「2023年以降、国際基準で認証を受けた医学部出身者に限り、米国医師国家試験の受験資格を与える」と通告したこと(医学教育2023年問題)を契機に、日本医学教育評価機構が世界医学教育連盟(WFME)の国際基準に準拠して審査を実施しているものです。


審査では、自己点検評価書等による書類審査に加えて、2015年9月28日から10月2日の5日間にわたり、実地調査を受けました。その結果、2018年3月26日付で国際基準に適合しているとの認定を受けました。


審査では、医学部の使命や教育プログラム、管理運営などの9領域72項目について、3段階(「適合」、「部分適合」、「不適合」)で評価がなされました。その結果、不適合項目は0項目でした。したがって、国際水準で十分な水準の医学教育を実施していることが示されたといえます。また、最新の知識と技能、および、高い倫理観と温かい人間性を備えた社会貢献できる医師・医学者を育てるために、教職員な熱意をもって医学教育を実践している点が高く評価されました。


ECFMGによる通告の背景には、新興国による医学校の乱立があります。そのため、米国では、米国内で働く外国人医師の質を担保するために、国際基準を満たす医学校を認定して、その医学校の卒業生のみに米国医師国家試験の受験資格を与えることにしたのです。こうした動きは、米国のみならず、世界に拡大することが見込まれています。したがって、今後、認定を受けていない医学校の卒業生は、海外での活動が制限される可能性もあります。その意味で、富山大学の医学教育が国際基準に適合しているとの認定を受けたことは、意義が大きいと考えています。


現在、外部評価報告書で指摘されている事項に対する医学教育改革が進行中です。関係者の皆様には、日ごろの本学の医学教育へのご理解ご支援に感謝申し上げますとともに、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。



富山大学医学部医学科 改善報告書 (2017年 5月)


富山大学医学部医学科 評価報告書 (2018年 4月)



富山大学医学部医師キャリアパス創造センターの関係職員

igakubu_photo.jpg


分野別認証評価における審査には、多数の教員と職員が協同して対応しました。写真は、審査に際して中心的役割を担った富山大学医学部医師キャリアパス創造センターの関係教職員。

医学部医学科3年の西島瑞紀さんが、1月28日に開催されました第72回富山県医学会において優秀賞、銀賞を受賞されました。

2018年3月13日

医学部医学科3年の西島瑞紀さんが、1月28日に開催されました平成29年度第72回富山県医学会において
優秀賞、銀賞を受賞されました。

放射線診断・治療学講座の西川一眞医員等が 第103回北米放射線学会(RSNA)にて優秀ポスター賞(Certificate of Merit)を受賞しました。

2017年12月12日

 放射線診断・治療学講座の西川一眞医員等が、2017年11月26日から12月1日に米国シカゴにて開催された第103回北米放射線学会(RSNA)にて優秀ポスター賞(Certificate of Merit)を受賞しました。

受賞演題は「Advanced MRI for Intracranial Dural Arteriovenous Fistulas」


https://rsna2017.rsna.org/program/


RSNA優秀ポスター賞.jpg

平成29年度「若手研究者奨励賞」の受賞について

2017年12月1日

 医学部では,平成28年度から先端的・国際的な研究を推進するため,顕著な研究成果を上げ,国内外の評価の高い学術誌に掲載された研究論文を発表した若手研究者に対し,医学部長表彰として「若手研究者奨励賞」を贈呈しております。
平成29年11月27日に授与式を執り行い,北島勲医学部長から,神経精神医学の笹林大樹助教及び脳神経外科学の柏崎大奈助教に授与されました。


授賞論文は以下のとおり。


神経精神医学 笹林大樹 助教
Daiki Sasabayashi, Yoichiro Takayanagi, Tsutomu Takahashi, Shinsuke Koike, Hidenori Yamasue, Naoyuki Katagiri, Atsushi Sakuma, Chika Obara, Mihoko Nakamura, Atsushi Furuichi, Mikio Kido, Yumiko Nishikawa, Kyo Noguchi, Kazunori Matsumoto, f, Masafumi Mizuno, Kiyoto Kasai, Michio Suzuki.
Increased Occipital Gyrification and Development of Psychotic Disorders in Individuals With an At-Risk Mental State : A Multicenter Study.
Biological Psychiatry 82:737-745 (2017)DOI: 10.1016/j.biopsych.2017.05.018


脳神経外科学 柏崎大奈 助教
Daina Kashiwazaki, Naoki Akioka, Naoya Kuwayama, Kiyohiro Houkin, Marcus Czabanka, Peter Vajkoczy, Satoshi Kuroda.
Berlin Grading System Can Stratify the Onset and Predict Perioperative Complications in Adult Moyamoya Disease.
Neurosurgery 00:1-6(2017)DOI: 10.1093/neuros/nyx140


若手研究者奨励賞授賞式.jpg
(左から)神経精神医学 笹林大樹助教,北島勲医学部長,脳神経外科学 柏崎大奈助教

医学部医学科6年の水野将治さんが、第58回日本神経病理学会総会学術研究会において、学生ポスター発表最優秀賞を受賞 しました。

2017年6月30日

医学部医学科6年の水野将治さんが、6月1日から3日に東京で行われた
第58回日本神経病理学会総会学術研究会において、学生ポスター発表最優秀賞を受賞
しました。

 「連続法医解剖例を用いたLewy body diseaseの早期病変,進展様式に関する研究」
 水野将治1,畑由紀子2,吉田幸司3,西田尚樹2
 1 富山大学医学部学生
 2 富山大学大学院医学薬学研究部法医学講座
 3 富山大学付属病院神経内科


水野賞状.pdf

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページ上部へ移動する